泉区のひんやりジェラートを味わおう!横濱アイス工房

横浜市泉区に、知る人ぞ知るおいしいジェラート屋さんがあるのをご存知ですか?

あたたかくなってきたので、ひんやりスイーツが食べたくなってくる季節!ということで、さっそく行ってきました。

有名ラーメン店に併設されたユニークなジェラート店!

相鉄いずみ野線「いずみ中央」駅から自転車で20分ほど走ったところにある「横濱アイス工房」さんは、以前こちらで紹介した「鍋屋の森」のすぐそばにあります。実は、その時のサイクリングで訪れていました。

ハイキングやサイクリングの休憩としてもちょうどいい場所にあるので、春のお出かけにぴったりです。ロードバイクを駐輪するためのサイクルラックもあるので、本格的なサイクリングをする方にも安心して停められますよ!

もちろん駐車場も完備しているので、車で来ることもできます。

そしてこの「横濱アイス工房」さんは「横浜ラーメン 壱八家」さんに併設されているお店なんです。ランチタイムになると、この家系ラーメンを求めて、お仕事の休憩とみられるトラックの運転手さんや、営業マンでにぎわっているラーメン店です。


私はランチを済ませていたので、今回はジェラートだけいただくことに。

豊富なジェラートに目移りしちゃう!人気はやっぱりあの味!

「横濱アイス工房」さんに入るとまず食券機が目に入ります。

こちらでジェラートの「コーン」か「カップ」などの食券を購入するシステムのようです。

ちなみに「カップアイス」は、お持ち帰り用のフタ付きタイプのようで、すぐそばにそのお持ち帰り用のアイスケースがありました。

そして食券機には、謎の「プレミアム券」という項目が!

これはどうやらジェラートのプレミアムメニューを注文する時に購入するもののようです。

「プレミアム」…一体どんなメニューなんでしょうか?!

店内にあるスプレーで手指の消毒を済ませ、アイスのショーケースをのぞいてみると、

ミルクやカフェオレ、きなこなど、どれもおいしそうなフレーバーが並んでいます!

う〜ん、どれにしようかな…

プレミアムメニューも発見!「プレミアムバニラ」と「苺のミルフィーユ」、どちらもとってもおいしそうですよね!

お店の方に人気のフレーバーをうかがうと、定番の「ミルク」がいちばん人気だそうですよ。

ちなみに「プレミアムバニラ」は、さらに濃厚なミルク感を楽しめるんだとか。食べ比べてみるのも楽しそうですね。

私はせっかくなのでプレミアム券を購入し、「苺のミルフィーユ」を注文しました。

さっそく店員さんが準備をしてくれます。ワクワク!

そして、店内のポスターに大きく書かれている「牧場直送」。戸塚区にある「小野ファーム」という牧場から来ているものだそうですよ。

調べてみると、この「小野ファーム」は神奈川県内で第3位の広さをもつ牧場だそうです。その牧場のそばにも「横濱アイス工房 戸塚本店」があるそうなので、そちらにも行ってみたくなりました!

春を楽しみながらジェラートはいかが?

さて、いよいよお待ちかねのジェラートを受け取ります!

お店の外にはテーブルとイスがあるので、その場ですぐに食べることができますよ。

ジェラートはソフトクリームと違いあっさりとしたイメージがありますが、私のいただいた「苺のミルフィーユ」は、いちごの甘酸っぱさを感じるぜいたくな味わい!クラッカーがアクセントに入っていて、食べ応えのあるおいしさでした!

アイスクリームの濃厚さが、ちょっと苦手だなという方にもおいしく食べられるスイーツだと思います!

そして隣には小学校があり、そこで咲いている桜がちょうど見ごろ。ジェラートを食べながら、お花見気分を味わえて、ぜいたくな時間を過ごすことができました!

食べ物がお目当てのお出かけもいいよね。

春になりひんやりしたスイーツがおいしい季節になってきました。

「横濱アイス工房」のジェラートは、ホームページからオンラインで購入することもできるようです!気になる方はお取り寄せしてみて下さい。

次回はぜひ「横浜ラーメン 壱八家」さんにも行ってみたいと思います。もちろん、食後のデザートはジェラートで決まりですね!

横濱アイス工房 ゆめが丘店
住所:神奈川県横浜市泉区和泉町982-1
アクセス:相鉄いずみ野線「いずみ中央」駅より自転車10分、「ゆめが丘」駅より徒歩15分、横浜市営地下鉄ブルーライン「下飯田」駅 徒歩約9分
営業時間:4月〜9月10:00〜18:00無休、
     10月〜3月11:00〜17:00月曜日定休 ※月曜祝日の場合は翌日休み
     ※新型コロナの感染状況により、営業時間が変更になっている場合があります。
電話:045-800-5353

神奈川県 横浜市泉区 和泉町 相鉄いずみ野線 いずみ中央