早めの春到来!?アクセス抜群&バリアフリーが嬉しい鶴ヶ峰の「二宮いちご園」

クリスマスシーズンが近づく頃、スーパーの店頭に並び始める真っ赤ないちご。
子供が好きな果物ベスト3に必ずランクインするほど、人気の高い果物です。
そんないちごが楽しめるレジャーといえば、いちご狩りですよね。
毎年、楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、鶴ヶ峰駅から歩いて行ける、アクセス抜群のいちご狩りスポット
「二宮いちご園」を紹介します。

本格的ないちご狩りの時期はまだ少し先ですが、早めに下調べをしておくと、
シーズンが到来したときに、お目当てのスポットをスムーズに予約できてお得です。
今回の記事を参考にじっくり検討してみてくださいね。

鶴ヶ峰駅から歩いて10分!

「二宮いちご園」の特徴の1つは、なんといってもアクセスの良さ。
鶴ヶ峰駅北口から徒歩10分という近さです。

駅前から続く商店街を抜けて、旭区役所を左手に通り過ぎ、道路を渡ると、
帷子(かたびら)川を見下ろすことができます。
この川沿いを上流に向かってしばらく歩くと、大きないちごの絵が描かれた
「二宮いちご園」の看板が見えてきます。

駅から歩いて行けますが、駐車場もあるので車もOK。事前に伝えておくと、
いちご狩り当日はスムーズに駐車できるので安心です。

いちごのシーズンは年末~1月からスタート!

いちごの収穫が始まる12月末になると、看板の横の直売所で、
持ち帰り用いちごの店頭販売がスタートします。売切れ次第終了になるので、
好みのいちごをじっくり選びたいという方は早めの来店がおすすめ。
私は毎年、2種類のいちごを購入して、子供達と食べ比べをしています。

値段はスーパーより高めですが、それを補って余りあるほどの美味しさ!
はちきれんばかりのプリッとした真っ赤な見た目、
一口かじると口の中いっぱいに広がるジューシーな甘さ。
「あぁ、春がやってきたんだなぁ」と教えてくれる優しい味です。

まだシーズンじゃないので、写真をお見せできないのがとっても残念!
ぜひぜひ、実際に訪れて実物のいちごを見て食べて体験してくださいね♪

その後、年明けの1月後半~いちご狩りが始まります。
期間中は電話で予約を受け付けているので、日程が決まったら、
早めに連絡しておきましょう。5月頃まで楽しめます。

いちごがシーズンオフの現在は、道路沿いで野菜を販売中。値段もお手頃で嬉しいですね。

みんなで楽しめるバリアフリー

「二宮いちご園」の特徴のもう1つは、バリアフリー設計。
通路の幅を広くとっているため、ベビーカーや車いすでも通ることができます。
小さい子供も、足の弱いお年寄りも、心置きなく家族みんなでいちご狩りを
楽しむことができるのは、とても嬉しいですね。

さらに「二宮いちご園」では、地面から1mほど高い場所でいちごを栽培する
高設栽培を採用。低くかがむことなく、いちごを採ることができるので、
腰が痛くなりにくいというメリットがあります。

実際に体験してみるとよく分かるのですが、この「かがまなくていい」
というのは本当にラク!一度経験してから、私は高設栽培のいちご狩りだけを
選んでいくようにしています。まだ行ったことがないという方は、
ぜひ試してみることをおすすめします。

早めの情報収集で、満足できるいちご狩りを!

今回はちょっと早めのいちご狩りを紹介しました。

季節限定のレジャーなので、早めに情報収集をして、
満足いくスポットを予約しましょう。
この「二宮いちご園」も、ぜひ候補に加えて下さいね。

二宮いちご園
住所:神奈川県横浜市旭区今川町11
アクセス:鶴ヶ峰駅北口より徒歩10分
TEL:045-362-9115
営業時間:【直売所】10:00~売切れ次第閉店 【いちご狩り】10:00~12:00
定休日:なし

エリア&駅

神奈川県 横浜市旭区 今川町 相鉄本線 鶴ヶ峰