筆耕歴35年!のしを旭区「筆文字工房Hikko」に書いてもらう!

最近、友だちが出産しました。
そこでお祝いを贈りたいのですが、悩みの種は、のし書き。

「のしは手書きがマナー」と言いますが、字に自信のない私にとってハードルが高いのです。

「自分で練習して書くか、誰か上手い人に頼むか・・」

そう悩んでいたところ「旭区に毛筆のプロがいる」という情報を知り合いからゲットしました。旭区中白根の『筆文字工房Hikko』が、依頼者に代わって毛筆で文字を書いてくれるそうなのです!

一枚からでも受け付けてくれるようなので、さっそくお願いしました。

【白根通り近く】お花に囲まれたお庭がステキな『筆文字工房Hikko』

『筆文字工房Hikko』は相鉄バス「谷戸入口バス停」下車、徒歩3分の住宅街にあります。
バスを降りたら白根通りを横断して細い道へ入ります。

住宅街を道なりに進み、約3分。

目の前に三叉路が出てきます。
その角の一戸建てのお宅が、今回筆耕をお願いする『筆文字工房Hikko』さんです!

お店の名前が出ていないため「矢嶋」の表札が目印です。
花や木々などの緑に囲まれたお宅は、一目で「お花が好きな人が住んでいるんだな」と分かりました。
私が訪れた日にちょうど見ごろを迎えたアマリリス、癒しの香りがするラベンダーやバラなどがきれいに咲いていました。

インターホンを鳴らすと、中から「はーい!」と元気な声が。筆耕をお願いする矢嶋先生が出迎えてくれました。

私「今日は出産祝い用の『のし』を書いていただきたくて来ました」
先生「もちろん大丈夫ですよ。2~3分くらいで書けますけど、見て行きますか?」

プロの腕を間近で見られる機会は滅多にないですよね。実際に書いているところを見せていただけるなんて、ラッキーです!

プロの筆さばきに感動!

筆耕は多くの個人情報を扱うお仕事のため、仕事場ではなく今回は応接間で書いていただきました。先生は慣れた手つきで筆を持ち、サラサラと動かします。

「はい、書けました」

時間にして10秒くらいでしょうか。

「は、はやい!しかも上手すぎる…!」

プロの方にこんな言い方をするのは失礼かもしれませんが、とにかく一目で「美しい文字」であることが素人の私にだって分かります!

しなやかで繊細、そして人間味があふれる温かい文字。自分の名前がこんなにきれいな字で書かれたことって、初めてかもしれません!

筆耕歴35年の大ベテラン!みなとみらいホテルでも活躍

ところで、あまり聞き慣れない「筆耕(ひっこう)」という言葉。
同じ毛筆を使うものでも「書道」は崩し文字やアート的な要素もありますが、「筆耕」は実用的な書道のことを指します。

身近なところだと卒業証書や結婚式の招待状、命名書なども、筆耕のお仕事のひとつだそうですよ。しかも紙だけでなく木材に文字を書くこともあると聞き、驚きました!

矢嶋先生は筆耕を始める前、ご自宅の一室を使って、子どもから大人まで通う書道教室を運営されていました。しかし、筆耕に出会ってからは文字の美しさはもちろん、スピードと正確さを求められるところに魅力を感じたそうです。

長年に渡り、みなとみらいのホテルの筆耕室で活躍され、他にもさまざまな式典やイベントなどで多くの経験を積んでこられた矢嶋先生。

「筆耕は、お客様の人生の節目や記念に関わる仕事です。
ほんの少しの間違いで依頼者や誰かの人生を変えてしまう可能性だってあります。
だからこそ常に細心の注意を払って一文字ずつ、ていねいに書くことを心がけている」とおっしゃっていました。

最後に「このお仕事をやっていて良かったなと思うところは、どんなことですか?」と尋ねてみました。

「やっぱり字を褒められると一番うれしいですね。『先生の字でなければクライアントさんが納得してくれない』と言われたときはうれしかったです」と、にっこりしながら答えてくれました。

矢嶋先生は使われるシーンに合わせて文字を書き分けていて、結婚式や出産などのお祝い事は華やかで格式高い字を。葬儀や式典の筆耕は控えめなトーンで書かれています。

その心づかいや技術力の高さから、クライアントさんやお客様から「華がある」「印刷では表現できない人間味あふれる字」などの声をいただくそうです。

筆耕を依頼する方法は?

今回は依頼枚数が少ないこともあり、その場で対応していただけましたが、基本的には予約が必要で、枚数・内容・受注の状況に応じて数日お預かりとなるそうです。
依頼方法、料金は公式サイトを検索してご確認ください。

最近は印刷化が進み、手書きで文字を書く人が年々減っているそうです。それでも冠婚葬祭をはじめ、季節のあいさつなどまだまだ手書きのニーズはあります。

「ご近所さんも遠方の方も、のしやポチ袋などちょっとしたものでも遠慮せずにどうぞ」とのことでした。

私もまた機会があったらぜひお願いしたいと思います!

筆文字工房Hikko
住所:神奈川県横浜市旭区中白根2-32-1
アクセス:相鉄線「鶴ヶ峰駅」から相鉄バス「西ひかりが丘」または「中山」行きで「谷戸入口」バス停下車、徒歩3分
電話番号:090-4168-3727
営業時間:9:00-18:00