毎朝たべたい!弥生台駅すぐの話題の食パン専門店「ル・ミトロン」

最近、高級な食パンの専門店がテレビや雑誌に取り上げられ、ブームになっています。

私も、最近近所にできたという、評判の食パン専門店があると言うことで早速行ってみました!

焼き上がり時間行くのが狙い目!

相鉄いずみ野線弥生台駅から徒歩3分程の場所に、

「ル・ミトロン」食パン専門店が2020年5月にオープンしました。

「ル・ミトロン」さんは横浜生まれのパン屋さんで、

北海道から福岡にまで店舗があります。

10月には緑園都市駅の中にもオープンしたのですが、

こちらは食パンだけを扱うお店です。

お店の前まで行ってみると、

それぞれのパンの焼き上がり時間が書いてありました。

普通の食パン以外にも色々な味の食パンがあるようですね。

これならお目当ての商品の焼き上がりを狙って

お店に行く事ができますね。

ホームページにも焼き上がり時間が出ていたので、

事前に調べることができます。

新商品の発売情報もあったので、

こまめにチェックしたいですね。

清潔で明るい店内においしそうな食パン・・

私は、ほぼ開店時間に行ってみました。

明るくきれいでカウンターだけのシンプルな店内です。

その後ろにある棚にはずらっと食パンが並んでいます!

そしてその奥のガラス窓越しには大きなオーブンと

生地をこねている職人さんたちの様子が…。

そこからふんわりと食パンの焼けるいい香りがしてきました。

さすが食パン専門店!サービスとラインナップに感動!

パン屋さんと言うとカレーパンやクロワッサンなど

色々な種類のパンが売っているイメージがありますが、

この『ル・ミトロン』さんは本当に食パンだけのシンプルなラインナップ。

食パンは毎日食べる、という方も多いと思いますが、

食べ方がワンパターンになりがちではないでしょうか?

レジの横には食パンに合うジャムもおすすめされていました。

いちごバターやクラウンベリーなど、

どれもスーパーではあまり見かけない商品が並んでいて、

とっても美味しそう〜。

ついついパンと一緒に買ってしまいますよね。

食パンはカットされていない状態で販売されているのですが、

店員さんに伝えれば希望に応じた枚数にスライスもしてもらえます。

自分好みの厚さにしてもらえるのは嬉しいですね!

この美味しさ・・毎日食べても飽きない!

私が購入したのは、10月1日に新発売された

「紫芋とさつま芋」のハーフサイズです。

お店の外に出ていた案内には13:30に焼き上がりと書いてありましたが、

店員さんに聞いてみるとちょうど焼き上がりのものがあり、

ラッキーなことに購入する事ができました!

帰宅してから、早速食べてみることに…。

ハーフといっても、さつまいもの

ずっしりとしたボリュームを感じるパンです。

食べやすい厚さにカットして、

軽くトーストしてからいただきました。

ミミまでふわふわで、ゴロゴロと入った角切りのさつまいもと、

ふわふわの生地にたっぷりと練りこまれている紫芋が甘すぎなくていい感じ。

一緒に食べた家族からも、すごくおいしいと高評価でした!

これは日替わりで、他の味の食パンも食べて見たくなりました。

朝食に食べたらちょっとリッチな気分にもなれて、

良い1日のスタートになりそうです。

「ル・ミトロン」さんのこだわりの食パンを

ぜひ、食べてみてください!

Le mitron shokupan
ル・ミトロン・食パン 弥生台店

神奈川県横浜市泉区弥生台25-7 エクセルコート弥生台1F
TEL:045-435-9234
アクセス:相鉄いずみ野線 弥生台駅徒歩3分
営業時間:10:00〜なくなり次第終了(19:00前後)
定休日:日曜日(10月が日曜日も休まず営業)

神奈川県 横浜市泉区 弥生台 相鉄いずみ野線 弥生台