鮮やかな花苗の生産地直売所!泉区「フラワーアーク」

みなさんお花はお好きですか?
いつもどんなところで購入されているのでしょうか?

特にプランターやお庭を彩る花苗(はななえ)は、どこでお買い求めになりますか?
お花屋さんやホームセンターでしょうか?

花苗購入場所の選択肢のひとつに!

ベランダやお庭でお花を育てている方にオススメなのが、今回ご紹介する「フラワーアーク」さんです。
なんと、新鮮な花苗を生産者さんから直接購入できる場所なんですよ!

「フラワーアーク」さんは、いずみ野駅から徒歩約20分ほどの場所にあります。

横浜泉郵便局を目指し、立場駅方面へかまくらみちを歩いて行くと、左手に真新しい鮮やかな青い建物が見えます。

「花」と描かれたのぼりも出ているので、わかりやすいと思います。

まるで花畑!数十種類の花苗

青い建物の向こうに見えるのが、まるでお花畑のように広がるたくさんの花苗です。

大きなビニールハウスも数棟見えていますよ。

「フラワーアーク」さんは、今年の4月から、この場所で花苗の生産をはじめました。
ゴールデンウィーク明けからは一般への販売もスタートさせたそう。

実は、中田にある社会福祉法人 開く会「共働舎」さんの園芸部門が独立し、新規事業としてこちらに移転してきたそうです。

「共働舎」さんでは花苗生産を、30年も続けてきたんですって。

公園などの公共スペースの花壇に植えられるお花の生産もしています。
昨年のオリンピックシーズンには、新横浜のマリノス通りを彩る花苗を提供されたのだとか。

実は長年地域の花苗生産を担ってきているんですね。

鮮やかな花持ちの良さは土づくりから!

「フラワーアーク」さんでは、土づくりにもこだわっています。

赤土から数種類の土を混ぜて作られる水はけのよい、いい土のおかげで、発色が鮮やかで、元気なお花に育ちます。
花の持ちがいいのも自慢です。

利用者さんは、土を混ぜたり、ふるいにかけたり、花苗を運んだりの力仕事から、小さな種をポットに植え付けたりなどの細かい作業まで。
それぞれができること、得意なことを生かして活躍しています。

以前「共働舎」さんを見学させていただいた時に、誇りと責任感を持って働く様子がステキでした。

年間50〜60種類の花苗を生産

取り扱う花の品種は、なんと年間50〜60種類。

今の季節は、
マリーゴールド・ペチュニア・ジニア・ペンタス・ポーチュラカ・サルビア・イソトマ・ユーフォルビア・インパチェンス・トレニア
などなど。

それぞれ色違いを含めると、約20種類を生産、販売しています。

農業専用地区に指定されている地域にある「フラワーアーク」さん。
広い生産所兼販売所は、まるで花畑のようでウキウキ、ワクワクしますよ!

地産地消!小麦を育てて同法人「共働舎」のパンに利用

泉区中田にある「共働舎」さんでは、こだわりのおいしいパンも製造販売していて、人気なんです。

実は原料の小麦も、「フラワーアーク」近くの畑で育てているんですよ!

まさに、地産地消で生産から製造、販売まで行っているんですね。

「フラワーアーク」さんでは、地域の農家さんにアドバイスをもらいながら、新しくイチジクの栽培もスタートされたそう。

収穫はまだ先になるそうですが、こちらも楽しみですね!

周辺は畑や果樹園が広がります。
横浜の都心とはまた違う一面を楽しむことができますよ。

元気な花苗をご自宅にお迎えしたい人はもちろん、お散歩がてら立ち寄ってみるのもオススメです。
ぜひ、気軽にお出かけしてみてはいかがですか?

フラワーアーク

住所 : 神奈川県横浜市泉区中田町2752-1
アクセス : 相鉄いずみ野線いずみ野駅徒歩20分
電話 : 045-435-9270
営業時間 : 10:00ー16:00
年中無休