春よ来い!緑園都市の公園で過ごす豊かな時間

緑園都市には各所に小さな公園がたくさんあり、どの公園でも親子連れや、子どもたちが元気に遊んでいます。
また地域の方がふらりと散歩に立ち寄ったりして、それぞれ生活に溶けこみ利用されています。

今回はタイプの異なる2つの公園をご紹介したいと思います。

大切に育てられた花壇も楽しい「緑園北ノ入公園」

まず一つ目は「緑園北ノ入公園」。
緑園都市駅から徒歩11分ほど。
緑園都市東側の住宅街の中を進みます。坂の上の方からは「戸塚カントリー倶楽部」を眺めることができ、開放感のある場所。
公園は坂道を下った先にあります。

こちらはベンチだけの広場エリアと、遊具が配置されている遊具エリアにわかれていて、なだらかな階段とスロープで繋がっている二層式の公園です。

上のエリアでは、ボールを使用した遊びも楽しむことができます。
広々と鬼ごっこもできそう。

下の遊具エリアには、砂場、ブランコのほか、滑り台が大、小2つあり、年齢にあわせて楽しめますね。

砂場は、一段低くなっているので、親子で遊ぶ時には、大人も軽く腰かけられるので、便利そうです。

花壇には花々が植えられ、大切に手入れがされています。季節によって、さまざまな種類の花が美しく咲き、手づくりのお花の名フダも一緒に提示してあります。

また、桜の木も何本か植えられているので、もう少ししたらお花見するのもいいですね。
満開になるのが楽しみです。

2つのエリアの真ん中には、日除けのあるベンチがあり、上下のエリアで遊ぶ子どもたちを見ながらひと息休憩もできますよ。

少し駅から離れているので、ご近所の方が、のんびり過ごすのにも気持ちの良い公園です。

移りゆく季節を楽しむ並木道

そこから住宅街を抜けて、季節によって違う表情を楽しめる並木道を通り、フェリス女学院そばの「緑園東公園」へ向かいます。

緑園都市には、駅前の「四季の道」という四季折々の植栽が楽しめる遊歩道もありますが、こちらの道は、マンション「サンステージ東の街」を挟んでさちが岡線一本隣の道になります。
緑園東小学校前からの道は、車の通りも比較的少なく、歩道がゆったり作られています。
「四季の道」と同じく散歩にとてもオススメです。
秋の紅葉シーズンもステキですし、これから4月、5月の新緑の季節にはウォーキングするのにとても気持ちがいいですよ。

広々グラウンドで球技を楽しむ!「緑園東公園」

「緑園東公園」は、広いグラウンド公園です。
緑園都市駅からフェリス女学院に向かって徒歩6分ほど。

緑園地区最大のグラウンドは、大人から子どもまで、野球やサッカー・ゲートボールのチームが練習や試合などに利用しています。

空いている時間は自由に利用できるので、のびのび走ったり、球技の練習をしたり、思いっきり体を動かすことができます。

裏山もあり、空がひらけているので、真ん中に立つと視界が広々して本当に気持ちがいいです。
学校のグラウンドとも縁遠くなった大人には貴重な公園ですよね。

スロープを備えた車椅子でも利用できるお手洗いもあるので、安心です。

「緑園東公園」のお隣は消防出張所になっています。
「緑園地域交流センター」や「緑園なえば保育園」もすぐ近くにあり、保育園の子どもたちも時々楽しそうに遊んでいる様子を見かけます。

広いグラウンドの外周をぐるりと散歩する方も多いですよ。

まだまだ寒い日が続いていますが、少しずつ春めいて来る季節。
ちょっとした春を見つけに出かけてみませんか?

「緑園北ノ入公園」
住所 : 神奈川県横浜市泉区緑園5-12
アクセス : 相鉄いずみ野線緑園都市駅徒歩11分

「緑園東公園」
住所 : 神奈川県横浜市泉区緑園5-1
アクセス : 相鉄いずみ野線緑園都市駅徒歩6分