レアな和紙やのし袋に心ときめく!三ツ境中央通り商店街「きたむら文具店」

この美しい柄の和紙、どこで販売されているものだと思いますか?

京都や金沢?それとも鎌倉?

つい日本の古都を連想してしまいますよね。

実は、これは三ツ境駅そばの商店街にある「きたむら文具店」で取り扱っている和紙。

店内奥の引き出しに、色とりどりのあでやかな和紙が、大切に納められているんです!

卒業、入学のシーズンになにかと必要になる「のし袋」。

「きたむら文具店」の「のし袋」は、種類も柄もとても豊富!

のし袋は、最近では100均でも手に入りますが、文房具店のものは、表書きも紙質などもやはり上質な気がします。

そのほか、折り紙やレターセットなど、私がその品ぞろえにすっかりときめいてしまった「きたむら文具店」さんを、今回はご紹介いたしますね!

三ツ境の街と共に。創業70周年の老舗「きたむら文具店」

三ツ境駅南口の横断歩道を渡った先にある「三ツ境駅前商店街」。

ここは、飲食店やお弁当屋さん、スポーツ店など昔ながらのお店が並ぶほっこりとした駅近くの商店街。

そのお店の一つ、おいしいお弁当やサンドイッチ、話題のあんドーナツが買える「グローバルフーズ」さん。

こちらでくわしくご紹介していますので、よかったらご覧になってみてくださいね↓

あんドーナツがSNSで話題!三ツ境のお弁当屋「グローバルフーズ」

そのまままっすぐ歩き、通り沿いにある「さくら湯」さんをすぎて、右側に入っていくと「三ツ境中央通り商店街」に到着。

こちらもなつかしい感じのほっこりした通りです♪

そのまますこし歩くと、赤い屋根と郵便ポストのあるお店が見えてきました。


ここが、商店街誕生と共に三ツ境駅周辺の歴史を見守ってきた「きたむら文具店」。

文房具屋さんらしく、店頭にたくさんのみとめ印が並んでいるこの風景。

そういえば今では少なくなった気がしませんか?

文房具に囲まれる幸せ!気になる商品も!

入り口を一歩入ると、品数たくさんの「ザ・文房具屋さん!」という風景が。

パソコンが主流で、紙に物を書くことが少なくなっている現代。

けれども私は未だに、文房具屋さんに来ると、心がなんだかワクワクしてしまいます。

店内を見回していると、文房具屋さんならではの、とても気になる商品を見つけました!

  • 署名&捺印ができる印鑑付ボールペン

じつは私は職場用と自宅用と2本持っているんですが、すごく便利です。

ただ、素材がプラスチックだったり、同じ形で単調でした。

こちらのものは、見た目がしっかりとしたペンで、しかも種類を選ぶことができます!

私がさがしていた逸品を、さっそく「きたむら文具店」でみつけました♪

心づかい感じる「のし袋」たち

店内にはいって私が次に感激したのは、お金や商品券をつつむ「のし袋」の種類がとても多いこと。

じつは先日、のし袋を買いに遠くの百貨店まで出かけていった私。

希望の文言やデザインのものがなく、あきらめてしまっていたところでした。

けれども、「お祝いの気持ちや日頃の感謝をさり気なくふさわしい袋にいれて伝えたい」

そんな繊細な気持ちをあらわす文言やデザインの「のし袋」が、ここにはこんなにたくさん!

  • 好きなもの買ってね
  • おじいちゃんおばあちゃんからのおこづかい
  • きもちです

こんな「のし袋」でいただいたら、ふっと心がなごみ、よろこびが増すような気がしませんか?

また、落ち着いた雰囲気の便せんや一筆箋もたくさん並んでいました。

メールやラインが主流になった今、手紙を書くことが本当に少なくなりましたよね。

ていねいに文字を書いて、手紙を書くのもいいな♪

ここ「きたむら文具店」に来て、あらためて思うことができました♪

あでやかな和紙に感激!

店の一角にあった折り紙コーナーを見た時、私の目はまた釘付けに♪

赤にグリーン青に黄色。

さまざまな色のキレイな和柄の折り紙がずらり!

今、これだけの種類をそろえているお店はなかなか無いのでは、ないでしょうか?

「唐草」「さくら」など、和紙の折り紙にタイトルがつけられているのもステキです。

「全部買ってみたい!」と心がまた、ときめいてしまいました♪

学校などの教育現場で使用するのでしょうか、同じ色だけの単色折り紙も充実しています。

淡い色合いも豊富にあって、折り紙の奥深さを感じました♪

感激している私を見て、親切に対応してくださっていた店の女性が、「こちらに大きな和紙もありますよ」と奥へ案内してくださいました。

奥の平たい引き出しをあけると、こんなに美しい大きな和紙が!

和紙でしか出せない色合いと柄を目の前でみせていただいて、感激!

一枚550円で販売しているんだそうです。

どんな用途で購入していく人がいるのかお聞きすると、和人形を作ったり、箱に貼って入れ物にしたりとさまざまな利用法があるそう♪

私もいつか時間が取れたら、このあでやかな柄を使って何か作ってみたいな。

未来のたのしみが広がりました!

「きたむら文具店」で毎日にゆとりを

今回、すっかり心ときめいてしまった私が、「きたむら文具店」で購入した品がこちら♪

  • シンプルだけど美しい「刺し子しぼり千代紙」200円(税抜)
  • 一言添えてお送りできる「日本の伝統柄一筆せん」380円(税抜)

折り紙は、箱を折ってお配りの時に、小さなお菓子をいれたり。

一筆せんは、自筆で知人への心くばりを増やしていくために。

毎日にちょっぴりの心くばりとゆとりができそうな、とてもよい買い物ができました♪

三ツ境駅近くの便利な場所にある「きたむら文具店」。

お買い物のついでに。お子さんと一緒に。

小さな「ときめき」に出会いに、ぜひおとずれてみては、いかがですか?

きたむら文具店
住所:神奈川県横浜市瀬谷区三ツ境12-9
アクセス:相鉄線三ツ境駅南口から徒歩3分
電話:045-391-0031
FAX:045-391-9222
営業時間:10:00~19:00
定休日:日曜日(祝日は営業)