緑園都市でみかん狩り!駅から歩いて行ける「中丸果樹園」

緑園都市に、今年10月30日に本格オープンしたみかん狩り畑があります。
今回ご紹介する「中丸果樹園」さんです。

実は夏ごろ、子どもが通っている小学校で、「中丸果樹園」さんでブルーベリー狩りをしたという話を聞いていて、ずっと行ってみたいと思っていたところ。

以前ご紹介した神明台スポーツ施設の階段出入り口の両サイドがこのみかん畑で、気になっていたんですよね。

駅から歩いても行ける!住宅街の先にある果樹園

緑園都市駅から徒歩15分ほど。
緑園西小学校方面へ向かい、緑園神明谷公園の階段を下ります。

神明台スポーツ施設の門を右手に見ながら進んで行くと、広々とした敷地にオレンジ色が映えるみかん畑が見えてきます!

緑園都市の駅前から続く住宅街の先にこんな場所があるとは!
秋晴れの週末。ご家族連れのお客さんたちでにぎわっていましたよ。

たくさんの人に喜んでもらいたい!を原動力に

オレンジと白のテントが目印の受付。
なんと、大人1人600円で、みかん狩り(入場料込食べ放題)ができるんです。
小学生は400円。幼児300円、乳児無料。
別途2キロほど入る袋を500円で購入して、持ち帰ることもできますよ!

受付で、みかん畑を運営している中丸陽子さんと、少しお話させていただきました。

優しいママの陽子さん、お子さんの相手もしながらにこやかに接客していらっしゃいました。

もとは梅を栽培していたという広大な土地で、みかんを育てて8年〜9年。
「いろいろな人に喜んでもらいたい」と、みかん畑をはじめたそう。

そんな陽子さんは「第25期よこはま・ゆめ・ファーマー」に認定されています。
横浜市では、農業経営・地域活動等に主体的にかかわっている女性農業者を「よこはま・ゆめ・ファーマー」として認定しているのですって。

園内には、700本もの木々にみかんがたわわに実っています。

点在する畑を合わせるとなんと1000本ものみかんの木を栽培しているのだとか。
主に整地を担当されているというご主人様も一緒にご家族で受付されていました。

11月上旬は、甘味と酸味のバランスがいい「温州みかん」。
11月中旬以降は、甘味が強く、味の濃い「石地みかん」が旬とのこと。

青い空の下、自宅から徒歩でみかん狩りが楽しめるとは!
近くにこんなステキな観光農園がオープンして、とってもうれしく思いました。 
これはもう我が家の毎年のイベントになりそうです。

いざ!天空のみかん畑へ

子どもと私はみかん狩り初体験!
ハサミを貸していただき、さっそくみかん畑へ。
なだらかな丘陵にたくさんの実をつけた木々があります。

太陽をたっぷり浴びたみかんを手にとり、食べ比べをしながら園内を散策できます。
もぎたてのみかんは、ちょっぴり酸味もあって、甘くてジューシーでとってもおいしい!

どの枝も小さなお子さんでも手が届く位置にみかんが実り、目移りしながら選ぶ楽しさもあります。

ところどころにベンチもあり、ちょっと一息、休憩もできますよ。

赤ちゃんを抱っこしたお母さんもいらっしゃいました。
気軽にみかん狩りを楽しめるってことですよね。
小さなお子さんも両手にみかんを抱えて楽しそうにしていました。
カマキリなど虫取りを楽しむお子さんも!

広い空の下、写真を撮ったり、ゆっくりのんびりみかんを食べたり選んだりしながら、家族それぞれで楽しみ方がありますね。

丘の上の方は、見晴らしも良くて、最高に気持ちが良かったですよ!
敷地にはお手洗いもあるようなので、安心です。
また、丘陵の畑の下がすぐ駐車場なので、小さなお子さん連れや、3世代で楽しまれるおじいちゃんおばあちゃんも訪れやすいと思いました。

みかん狩りは土日祝日の営業ですが、30名様以上の団体様(小学校の校外学習など)はご予約の上、平日のみ受け付けされるそうですよ。

緑園都市に新しくオープンしたみかん狩り「中丸果樹園」さん。
今年は12月19日日曜日まで開園予定だそう。
自然いっぱいの畑で、おいしいみかんを味わいに、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。

中丸果樹園
住所 : 神奈川県横浜市泉区新橋町1793
アクセス : 相鉄いずみ野線緑園都市駅徒歩15分
電話 : 090-6938-2233

みかん狩り
2021年10月30日(土)〜2021年12月19日(日)
営業日 : 土日祝日
営業時間 : 9:30~15:00

雨天時中止の可能性あり

駐車場15台
お車ご利用の方のみ事前予約が必要になります。

敷地内にて、ジャムやジュースなどの加工品販売及びみかんの配達受付も行っています。