旭区のアジサイの名所「南希の森緑地」で体験できる!アジサイのおまじないとは?!

アジサイの季節になりましたね。

いろいろなお宅の庭先で、色とりどりのアジサイを見かけるようになりました。

近郊だと、鎌倉の明月院などが有名なアジサイの名所ですよね。
明月院も、もちろんステキなんですが、実はもっと身近にアジサイの名所があったんです。

それが今回ご紹介する「南希の森緑地」です。

「南希の森緑地」は南万騎が原駅から行く場合、中田さちが丘線を桃源台方面へ。突き当たったら、鴨居上飯田線を左手に進みます。
途中の坂道を右に住宅街の中へグングン登っていきます。

自治会館前に出ると、案内の矢印がありますよ!

案内板通りに進んで行くと、住宅街の中にあらわれるのが「南希の森緑地」です。

南万騎が原駅からだと、早歩きで20分くらいでした。

相鉄バス「桃源台」からは、5分ほどです。

およそ900株ものアジサイが楽しめる!

森の入口には、案内板と木彫りのかわいらしいクマが出迎えてくれますよ。

私が昨年7月頃初めて訪れた時には、すでにアジサイはほぼ剪定されていたのですが、今年は6月に入ってすぐ訪れてみたので、まだこれから咲きそうなつぼみも含めて、アジサイを楽しむことができました。

「南希の森緑地」は地域の方たちによる「南希の森愛護会」によって、一年中楽しめるように四季折々の花々を植え、手入れがされています。

アジサイも、およそ900株ほど植えられているのだそう。

森の中に一歩入ると、たくさんの木々が木陰をつくっていて、涼しく感じられます。

斜面に沿った小道や階段の両サイドには、たくさんの種類のアジサイが咲いていますよ。

アジサイの種類のひとつずつは私にはわからないのですが、さまざまな種類、色があり楽しめます。

地域の方たちで守る豊かな環境

樹木には一本ずつ、何の木か名札がつけられていて、緑地が大切に管理されているのがわかります。

アジサイを楽しみながら階段を降りた先には、木製のテーブルと椅子があり、休憩にも、ちょっとしたピクニックにも利用できそうですよね。
近くには手洗い場もありますよ。

黄色の金糸梅(きんしばい)もアジサイに負けないくらい鮮やかでかわいいです。

ご存知ですか?アジサイのおまじない

掲示板には、定例会のお知らせや近隣の小学生による緑地の案内が貼ってあるのですが…。

ここで気になったのが、6月26日の「アジサイのおまじない日」のお知らせです。

なんと緑地の切花を訪れた方にくださるそうなのですが、「アジサイのおまじない」って何でしょう?

みなさんはご存知ですか?

私は知らなかったので、さっそく調べてみました。

諸説あるようですが、6月中の6のつく日(6日・16日・26日)に、アジサイを逆さまにして吊るし始めることで、魔除け・厄除けになり幸福をもたらすといわれているそう。
中でも6月26日が1番効果が高いとか?!

吊し方にも決まりがあって、直前まで地面に生えていたアジサイを剪定し、半紙でくるんで水引で結んでから吊るすそう。

金運には金色の水引、健康には赤色の水引などなど。
調べてみると、水引の色にも意味があるようです。

吊るす場所は、玄関や軒下、お手洗いなど好きな場所でいいそうですが、特に女性の場合は、お手洗いに吊るすと「婦人病にかからない」「下の世話にならない」などのご利益が知られているようですよ。

ちょっと楽しい「アジサイのおまじない」。

「南希の森緑地」では毎年6月26日、10時から切花配布があるそうなので、ぜひみなさまも一度トライしてみてはいかがでしょうか?

南希の森緑地
住所 : 神奈川県横浜市旭区南希望ヶ丘16-8
アクセス : 相鉄いずみ野線南万騎が原駅徒歩20分
相鉄本線希望ヶ丘駅徒歩15分