天王町のおしゃれなパン屋さん 天王町「PINOCCHIO」

みなさんお正月のおやすみはのんびり過ごせましたか?
お正月気分も抜け、仕事や学校にとばたばたし始めた人も多いと思います。
私もそのひとりです。

年明け早々仕事に追われ、週末くらいは自炊せずにおいしいものが食べたい…!と思い立ち、天王町商店街をぶらぶらとお散歩。

寒い日が続くので温かいスープのお供においしいパンを食べるのもいいかも、と時々足を運ぶパン屋さん「PINOCCHIO(ピノッキオ)」にいってきました。

天王町駅から天王町商店街方向へ徒歩4分、以前ご紹介した橘樹神社を通り越して少し歩いたところにあります。

食材や作り方にはこだわりがたくさん!

店内の黒板には、パンづくりのこだわりが掲示されています。

食材へのこだわりは、

  • バター

ショートニングやマーガリンを使わず、バターのみを使用。
無塩・有塩・発酵とバターにもさまざまな種類がありますが、生地によって使い分けをしているそうです。

  • 全粒粉

食物繊維、ビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富なものを使用。

  • クルミ

パンの種類によって加工方法を変更。

  • 酵母種「ルヴァン」

小麦粉、ライ麦粉、水を合わせ乳酸菌と酵母を育成させて作った「ルヴァン」酵母を使用
が書かれています。

この天然酵母「ルヴァン種」を使うことで、入っている乳酸菌によって生地の発酵がゆっくり進み、本来のパンのうまみが引き出され奥深いに味わいになるほか、添加物を入れなくても保存性が高まるのだそうです。

また「冷蔵低温熟成」という手法をとっていると書かれています。
この手法は、発酵時間を長時間とることで、生地の熟成が進み、小麦の味が濃く感じられ、しっとりもちもちとした食感になるそうです。

食べる前から期待が膨らみますね。

今回私は、「バターロール(3個)」220円(税込)と「京都丹波の黒豆ブリオッシュ」250円(税込)を購入してみました。

さっそくバターロールを実食!

このバターロールは、北海道産中力粉50%使用、低温長時間発酵で小麦の甘みを引き出ししっとりとした生地になっているのがポイントだそうです。
ちなみに卵は不使用とのこと。

サイズは直径10センチほどあります。
温めなくても、ふんわりと香ってくるバターのいい香りがしてきます。
一口食べてみると、もちもちとした食感です。
パンを温めてバターを塗ってもおいしそうですし、ハムやたまご、お惣菜を入れてもおいしそうです。

私のお気に入りは黒豆ブリオッシュ

パン屋さんで豆の入ったパンを見るとどうしても買わずにはいられないので、黒豆の入ったブリオッシュも購入してみました。

中にぎっしりと入った黒豆と、上にかかっているお砂糖のサクサクとした食感がたまりません。
もう一つ買ってもよかったなと思いながら完食しました。

ほかにも、お総菜パンや甘いパンなども種類がたくさんあり、毎度迷ってしまいます。

ちなみにこの「PINOCCHIO」は、反町や妙蓮寺、高島町に店舗を構えるパン屋「Duca di Camastra(デューカディカマストラ)」の姉妹店なのだそうです。
横浜駅から足を伸ばして、姉妹店でパンを買ってみるのも楽しそうですね。

ぜひみなさんも「PINOCCHIO」でお気に入りのパンを見つけてみてくださいね。


PINOCCHIO天王町店
住所:横浜市保土ヶ谷区天王町1-3-6
TEL:045-442-5336
アクセス:相鉄線天王町駅から徒歩4分
営業時間:10:00~17:00
定休日:月曜日(月曜日が祝日の場合は、火曜日)