見晴らしのいい高台から横浜を一望しよう 天王町「浅間台みはらし公園」

せっかくのお天気のいい日なので、引きこもっていたらもったいない!とやる気を出して日ごろの運動不足を解消すべく、お散歩へ。

たくさん歩いておいしいものが見つけられるといいなと思い、松原商店街をぶらぶらしたのち、もっと歩いてみようかなと旧東海道を横浜駅方面へ足を運びました。

商店街を抜けてから5‐6分ほど歩いたところで見つけた標識。
史跡かな?と立ち止まってみたところ「浅間台みはらし公園」とあります。

みはらし公園というくらいなので、見晴らしが良いに違いありません。
天気の良い横浜の街を眺めてみるのもよさそう!と、運動不足解消のあてもないお散歩の目的地は急遽みはらし公園に変更です。
住宅街の坂道をてくてくと歩いて「浅間台みはらし公園」へ行ってみました。

高台にある緑豊かな公園

坂道をのぼりきると公園が見えてきます。今はまだ冬模様ですが、春が来ると緑豊かな公園であることが伝わってきます。

どんどん公園の中を進んでいくと、サクラの木が数多く植えられていることに気が付きました。
サクラのつぼみが膨らみ始めるのはもう少し先のようですね。

手入れされた花壇もあります。お花のカラフルさに目を奪われます。

チューリップの球根も眠っているとのこと。季節ごとにお散歩してみると楽しいこと間違いなしですね。

公園内の高台には展望ベンチ

公園内には展望ベンチと名前のついた屋根のあるベンチもあります。

この公園自体に高低差があり、このベンチは公園内の高台にあるため、ここに座って横浜の街を眺めるのもよさそうです。

公園が傾斜地にあることを伝えてみたくて、公園の反対側から見晴らし写真を撮ってみました。公園内でもこの高低差はなかなか見ないですよね。

公園の中央には傾斜面から広がる原っぱがあるため、シートを広げてのんびりするのもよさそうです。
広い原っぱを抜けて見晴らし台へ行ってみます。

公園の側に設置されている見晴らし台からはみなとみらい地区が一望できます。

見晴らし台のそばにもサクラの木が複数植えられています。

春はお花見にぴったりのスポットです。
まだまだ冬の寒さを感じる毎日ですが、ステキなお花見スポットを見つけると春がより待ち遠しくなります。

商店街でお惣菜を買って訪れるのもおすすめ

今日は天気が良かったこともあり、旧東海道を歩いて急な坂道をのぼって行ってみましたが、近くまでバスで行く手段もあるそうです。
商店街でおいしそうなお惣菜やお菓子を買って、見晴らしの良い公園でピクニックを楽しんでみるのがおすすめです。

春はサクラを見に、夏はみなとみらいの夜景を眺めながら夕涼みなんていかがでしょうか。
私はサクラの季節にまた再来したいと思います。楽しみが増えました。

公園までの道のりにある坂道は結構急ですので、歩きやすい靴を履いてチャレンジしてみてくださいね。
春の訪れを感じに、普段の生活範囲から少しだけ足を伸ばしたご近所散歩を楽しんでみてください。

浅間台みはらし公園
住所:神奈川県横浜市西区浅間台7‐5
アクセス:相鉄線本線天王町駅から徒歩20分 「浅間下」バス停より徒歩10分