読書の秋をたのしもう!瀬谷駅貸出ステーション「せやまる文庫」

夏の暑さもやわらいで、秋の気配がおとずれると、なんだか読書をしたくなりませんか?

最近わたしは、ついついスマホやパソコンでインターネット上の文章ばかり読んでしまい、紙の読み物を読むことが本当に少なくなってきました。

大好きな本の質感を感じながら、分厚い表紙をめくり、白い紙に浮かぶ文字をたどって、本の世界へ入っていく瞬間♪

長い間、忘れていた気がしています!

そして、久しぶりに本を読もうとリビングを見渡すと…、なんと一冊も見当たりません!

本好きなはずの私が、これだけ本から離れている生活をしていたんだなあと愕然!

そんな中、久しぶりにハードカバーの本を目にすることができたのが、瀬谷駅構内にある、この「せやまる文庫」なんです。

通勤・通学を読書の時間に!「せやまる文庫」

「せやまる文庫」には、区民から寄贈された本が置いてあり、誰もが通勤、通学や瀬谷駅利用の際に借りることができます。

原則としてひとり一冊の利用、2週間以内での返却を目安に読書を楽しむことができますよ。

本の数が少ないので、読み終わったら早めに返却するのが暗黙のルール♪

図書館にわざわざ行かなくても、駅を利用する際に本を手軽に借りることができるのですから、とても便利な文庫なんです!

瀬谷駅構内と三ツ境駅構内に設置

調べてみると、この便利で斬新な試みである「せやまる文庫」は、横浜市が2014年に施行した「横浜市民の読書活動の推進に関する条例」をきっかけに、瀬谷区が独自に企画した事業だそう。

「せやまる文庫」は、相模鉄道と横浜瀬谷ロータリークラブの協力によって、瀬谷駅と三ツ境駅に設置されています♪

瀬谷駅構内には、ここエレベーターのすぐ脇にありますので、ぜひ利用してみてくださいね。

本の寄贈はこちらまで!3R夢(スリム)リユース文庫

「せやまる文庫」の本は、区民の読み終わった本や、不要になった本の寄贈でまかなわれています。

自宅にあるので、ぜひ寄贈したい!という方は、直接この本棚に置くのではなく、3R夢(スリム)リユース文庫の回収箱へご寄贈くださいとのこと♪

ところで、3R夢(スリム)リユース文庫って?

ふたたび調べてみると、3R夢(スリム)リユース文庫とは、瀬谷区役所や瀬谷図書館などに設置してある、不要になった本を回収する箱とのこと。

職員さんが集まった本をチェックして、「せやまる文庫」や瀬谷図書館の本棚に並べるそうです♪

みんなで読む本ですので、壊れ、日焼け、汚れ、書き込みがないものをお願いしますとのことでした!

規則を守って気持ちよく利用♪

こうして区民から寄贈された本には、瀬谷図書館の職員さんやボランティアスタッフさんの手で、瀬谷区のマスコットキャラクター「せやまる」のラベルを添付するんだそう♪

ところが、こうした人々の気持ちのこもった「せやまる文庫」の本、棚に戻ってこないこともあるそうなんです!

もともとは無料で集められた本ですが、多くの人に読んでもらいたいと寄贈する方、皆で読むための準備をする方たちの気もちがこもった「せやまる文庫」の本たち。

今回いろいろ調べたことで、規則を守ってより気持ちよく利用していきたいなと、改めて思うことができました。

「せやまる文庫」を読書の秋、おうち時間のお供に、ぜひ利用してみてくださいね。

そして今年の秋は、私もちゃんと紙の本、読んでみようかな♪

せやまる文庫
住所:神奈川県横浜市瀬谷区瀬谷4丁目1-1
アクセス:相鉄線瀬谷駅構内
TEL:045-367-5696(瀬谷区役所地域振興課)

エリア&駅

神奈川県 横浜市瀬谷区 瀬谷 相鉄本線 瀬谷