緑園都市のお菓子の魔法のお城「パティスリー・ラ・ベルデュール」

夏のつかれも出てくる今日このごろ、とにかくおいしいお菓子が食べたい!と、
緑園都市駅にむかいました。めざすは、相鉄沿線で一番おいしいと評判の
パティスリー・ラ・ベルデュール!相鉄沿線だけではなく、神奈川の地元で、
おいしいケーキ・焼き菓子とチョコレートで、超!有名なパティスリー。
地元女子は、ベルデュールのお菓子!というだけで、思わずうっとり目。
有名グルメサイトでも周辺のケーキ店でほとんど一位をとっている有名店なんですよ。

緑園都市駅から坂をのぼり、大通りに出ると、大型マンションの
サンステージ緑園都市のエリア。緑園都市は名前の通り緑がたくさんあり、
高台の風がとっても気持ちの良い相鉄沿線屈指の人気の住宅街。
暑くてたいへんかしら・・!と心配していたのですが、緑の木々に助けられ、
気持のよいおさんぽを楽しみながら駅から6,7分移動。
通りの右側にヨーロッパのお洒落なプチシャトーのような外観の
パティスリー・ラ・ベルデュールが見えてきました。

店内に1歩入ると、地元のお客さんがすでにいっぱい。思いのほか広く、
天井が高いフロアにも驚きます。かわいらしい制服を着た店員さん(パティシエさんも!)
もたくさんいて、お客さんの対応に忙しそう。そして、店内はまるでお菓子の国のように、
ショーケースには色とりどりの生ケーキ、ホールケーキ、後ろの棚には贈答用焼き菓子、
中央の台にはプチギフト用や個包装のたくさんの種類の焼き菓子が
ところせましと並べられています!

祖父が洋菓子店をやっていたこともあり、焼き菓子には特にうるさい私。
必ず原材料をみるのですが、基本的に小麦粉、卵、砂糖、バターのみで
正直につくられているのが分かり、それだけで、合格点!現在はこの基本の材料のみ、
の洋菓子店は本当に少なくなりましたね~。

地元横浜の名前が入ったものも多く、これはツウなお土産にも喜ばれそう!
レアでおいしい手作りお菓子に目が無い私の頭の中は、もうフル稼働。
甘いもの好きは、おいしいお菓子って、だいたい見ただけでピン!とくるんですよね。
この店内のお菓子はすべてがその信号を発していましたよ。

今回は味見をしたくて、焼き菓子や人気商品を購入。すべて単品でごめんなさい!
けれども店員さんは、いやな顔一つせず、それぞれのお菓子の賞味期限や注意点を
お話ししてくれました。店員さんからもここのお菓子一つ一つへの愛情を感じて、
ますます食べるのが楽しみに。

家に帰り、待ち切れずにすぐにパクッ!マドレーヌやパイなどの焼き菓子は、
卵とバターの素材の風味がしっかりとあり、間違いないおいしさ。
ネーミングがなんともかわいい大人気の「ともちゃんのおやつ」は、
チーズケーキのようなしっとり甘いやみつきになるプチケーキ。チーズ、メープル、
チョコの3種類の味が選べます。冷蔵ケースに美しく並べられた、マカロンは、
紅茶味を購入。口に入れるとクシュっとほどける食感は、これぞ本場のマカロン!
と感心する甘くて繊細な一品。

そして、思わず感嘆の声が出たほどおいしかったのが、「横濱トロワ」。
サクサクのクッキーに本場ベルギーのチョコレートをコーティング。
そのチョコレートが舌にすっと溶けて、幸せが口いっぱいに!口コミでも、
横浜近辺の人は絶対に食べるべき。と大評判なのがよく分かりました。

調べてみるとオーナーシェフの服部明さんは、2019年にパリで最高の
ショコラティエとしての賞をいただいたすごい人。お店にいらっしゃったので、
有名人だ!と緊張しながらお話しを聞いたのですが、とても優しい口調で、
ますますファンになっちゃいました!

そのショコラをつかった新しいブランド「BLUE CACAO」を立ち上げ、
今年リニューアルした横浜駅のCIALにもその販売店が入っています。
口どけのよいシェフの分厚いショコラをパリッとした焼き菓子でサンドした
「CACAO SAND」は、また絶妙~においしくて、服部シェフのチョコレートの
魔法のすっかりとりこに!絶品「横濱トロワ」、「CACAO SAND」は、
横浜のお土産にしたらとっても喜ばれること、間違いなしですよ。

「パティスリー・ラ・ベルデュール」

【住所】 横浜市泉区緑園5-29-20

【電話】 045-811-5123

【営業時間】9:30~19:30(当面の間は10:00~19:30の営業となります)

【定休日】月曜

エリア&駅

神奈川県 横浜市泉区 緑園 相鉄いずみ野線 緑園都市