のどかな自然風景を満喫!「海軍道路」と「上瀬谷通信施設跡地」

緑さわやかな草原と、広々とした青い空。その間を通る桜並木の一本道。

ちょっと疲れたり、気分転換したいなという時に、私はこの道を好きな音楽を聴きながらドライブします♪

そして、菜の花の咲く畑やのんびりとした小道、木々などを車窓から見て癒されています。

みなさんはこの自然風景、いったいどこなのかな?と思いませんか?

北海道?または、信州の牧場?

いいえ!ここは相鉄線瀬谷駅北口から徒歩25分ほどの、環状4号線ぞいにある、米軍の旧上瀬谷通信施設があった一帯なんです。

瀬谷区と旭区にまたがる広大なその土地は、なんとみなとみらい21地区の1.3倍ほどもあるそうですよ。

現在はフェンスに囲まれ、一般の人が入ることができない広い草地と農地が広がっています。

海軍道路名物「桜のトンネル」は一見の価値あり♪


米軍が保有する前は、日本海軍が資材置き場として使用していたことから、ここを通過する環状4号線は、地元では「海軍道路」と呼ばれています。

環状4号線上の瀬谷駅そばの瀬谷中学校横から、旧国道16号線に交差するまでの約2850メートルを指すそうですよ。

海軍道路の名物は、なんといっても道路の両側両サイドにある桜並木の「桜のトンネル」がくぐれること。

調べてみると、ソメイヨシノが約300本、ヨウコウサクラが約40本もあるそう!

トンネルをくぐると、車窓は天井も周りもすべてピンクの桜に囲まれる状態となり、とても素晴らしいお花見が車内で楽しめます♪

桜のシーズンには、このトンネルを目当てに、海軍道路は恒例の大渋滞となりますよ♪

いつもは通過するのに5分もかからないのですが、20分ほどかかってしまうことも。

運転には気を付けて、お花見をしながらゆっくり車窓を楽しんでみてくださいね。

タヌキに注意!?自然いっぱいののんびりとしたさんぽ道


桜並木の側道は、遠くの山々や畑、草原を眺めながらのんびりとお散歩をするのに最適です。

休日には、ファミリーや散歩をのんびり楽しむ人が多く訪れていますよ。

一度知人を連れてきたときに、「故郷を思い出したわ!横浜市内でこんな場所があるのね」と、とても懐かしんでもらったことがありました。

周りに住宅や店舗もないので、騒音もなく本当の自然風景に身を置くことができて、横浜市内ではとっても貴重な場所なのかもしれませんね♪

途中には「アッ!!タヌキに注意」の看板も。

車道に飛び出してくるタヌキへの注意を、ドライバーにうながしたものですが、横浜市内でこんな看板があるのは、ここだけかも♪

いつも夜間にここをドライブするときは、夜行性のタヌキの目がキラッと光らないか、注意して運転するようにしています!

サイクリング用ロードも完備 爽快な走りが楽しめそう!


健康志向や移動にも便利なことから、最近流行っているサイクリング。

海軍道路をサイクリングしてみたいなあ、と思っていたら、歩道上に「歩行者」「自転車」の文字を発見!

車道脇をサイクリングするのは怖いなと思っていたので、これはうれしい標識です。

これを機会に、迷っていた自転車購入を決めようかな♪

運動不足になりがちな日常ですが、晴れた日には海軍道路をサイクリングして、心と体をリフレッシュ。日々の楽しみが増えそうです。

2027年に国際園芸博覧会、巨大テーマパークの構想も!


ここ上瀬谷通信施設跡地で、いま地元でもっぱらの話題になっているのは、2027年に開催が決定している、国際園芸博覧会「花博」。

そして、その後はなんと東京ディズニーランド並みのテーマパークになるという構想を横浜市が計画しているそうなんです!

ここがディズニーランドのような巨大テーマパークになったら、年間パスポートを買って毎日通ってしまおうかな。

今は静かなこの地区も、今後は人々の賑わいある地域に変化していきそうです。

上瀬谷のこの美しい自然を生かした花博、そして素敵なテーマパークの完成、どちらも期待したいです♪

上瀬谷通信施設跡地 
住所:横浜市旭区上川井町、瀬谷区北町・瀬谷町
アクセス:相鉄線瀬谷駅北口 徒歩約25分

エリア&駅

神奈川県 横浜市旭区 上川井町 
神奈川県 横浜市瀬谷区 北町 
神奈川県 横浜市瀬谷区 瀬谷町 相鉄本線 瀬谷