まるでおもちゃの博物館!南万騎が原「クラシックヴィンテージ」

みなさんは、どんなおもちゃで遊んだ思い出がありますか?

私はリカちゃん人形やバービー人形とか好きでしたねぇ…。
シルバニアファミリーにも憧れました。

息子はプラレールにどハマりしていた時期があって、自宅には当時集めた新幹線がたくさんねむっています。

なんだか懐かしいおもちゃたち。そんな郷愁を呼び起こしてくれる場所が、南万騎が原駅徒歩2分程のところにあること、みなさんは知っていましたか?

それが今回ご紹介する「クラシックヴィンテージ」さんです。

異空間で見つけるレアな玩具で町おこし!

実はマニアにはたまらないお宝がたくさんあるそうで!その界隈では有名店。
遠方から飛行機や新幹線を使ってでも訪れるお客様も多いんですって。

南万騎が原駅を出て、「柏町公園」を左手に見ながら線路沿いに歩いて行くと、アメリカのハーレムを意識したという茶色い外観の建物が。

扉を押して足を一歩踏み入れたとたんに、タイムスリップしたかのような昭和レトロな空間。
所狭しと多種多様なおもちゃが並んでいます。

内装は、古民家だったというオーナーさんの以前の自宅から運んできた木材を使用しているそう。
深い味わいに年月の重みを感じることができます。

ご夫婦で経営しているお店。
マニア垂涎の珍しい玩具を集めた店舗が、町おこしにもなるようにと、20年ほど前に旭区に移転してきたとお話しくださいました。

ヴィンテージの玩具も最新の玩具も!

ご主人の担当は、古いヴィンテージの玩具。
「バイク」や「族車(ぞくしゃ)」のプラモデル、ブリキのおもちゃなど、市場にはなかなか出回っていないというレアなものばかりなんですって。

奥さまは、比較的新しいものが担当で、「ガン(エアーガン・ガスガン・電動ガン)」や「ミニ四駆」「ディズニーベアー・ダッフィ」などは、数も多く、プレミア付きのものもあるとのこと。

玩具に関して、販売のほか買取、下取り、予約注文受付などあらゆる取り扱いがあるそうですよ。
ちょっとおもしろいなと個人的に思ったのが、同等の価値のあるものと、物々交換もできること。
玩具に関することならどんなことでも相談にのってくれそうなお二人です。

親子で時空を超えて楽しめる玩具たち

前述のプラレールを始め、トミカ、ガンプラ(ガンダムのプラモデル)、怪獣ものにソフビ人形(ソフト塩化ビニール性の中身が空洞タイプのフィギュア)など。

お子さまも大好きなものが至るところに盛りだくさんで陳列されています。
お店の奥さまが、「夏は涼みにくる子も多いんですよ」とお話しくださったように、おもちゃ好きな子は何時間でもいられそうです。

流行りのシューティングゲームの影響で、「ガン」も親子で訪れるお客さんに人気だそうですよ。

「ミニ四駆」はパーツもたくさん揃えているので、大会前には調整のために訪れるお客さんも多いそう。

「ガンプラ」は、今は塗装してあるパーツを簡単に組み立てられる仕様になっているからか、こちらも親子連れのお客様に人気なんですって。

「ガンプラ」懐かしいですよね〜。子どもの頃、弟が必死につくっていた記憶があります。
親世代が夢中になっていたものを、今度は子どもと一緒に楽しめるのはうれしいですよね。

20年前からこちらで営業していたということは、2代にわたっての常連さんや、将来は3世代で同じ趣味で訪れるお客さんもいらっしゃるかも?!
そんな未来を想像するのも楽しいですね。

存在感抜群の「ヨーダ」の人形も、とても珍しいものだそうで、東京では40〜50万円はするそう。
「クラシックヴィンテージ」さんでは破格の値段で購入できるみたいですよ。

マニア必見の珍しいおもちゃを、昭和レトロな店舗で発見できる。みなさんも博物館感覚で訪れてみてはいかがですか?

クラシックヴィンテージ 横浜店

住所 : 神奈川県横浜市旭区柏町116-11
アクセス : 相鉄いずみ野線南万騎が原駅徒歩2分
電話 : 045-361-9193
営業時間 : 12:00ー19:00
定休日 : 水曜日